INTERVIEW社員インタビュー

INTERVIEW

現場から提案して実行できる環境

「世界中の人の心を動かすデザインを」UIデザイナーチーム

プロフィール

  • リードUIデザイナーS

    2013年1月にジークレストに入社し「夢王国と眠れる100人の王子様(以下、夢100)」「茜さすセカイでキミと詠う(以下、アカセカ)」にて、開発初期よりデザインのコンセプト決めや、全体設計などを担当。
    現在は新規開発中のプロジェクトにてリードUIデザイナーとして、UIの全体設計を行う傍ら、エフェクト、アニメーション制作にも携わっている。

  • リードUIデザイナーO

    コンシューマーゲーム会社にて、数々のゲームのUIデザインを担当。2011年3月にサイバーエージェントに入社。カメラアプリやプラットフォームのUIデザインを経験後、ゲーム事業部へ異動しカードゲームや女性向けゲームのUIデザインを行う。
    2017年7月にジークレストに異動し、現在は夢100のUIデザインを担当。

  • UIデザイナーT

    モバイルゲーム会社にてUIデザインを経験後、2017年5月にジークレストに入社。現在はアカセカのUI設計、運用デザイン、演出を担当。

現場から提案して実行できる環境

―ジークレストの会社の雰囲気を教えてください

O現場から意見を言って実行ができる、ボトムアップな環境です。
社長や役員との距離が近く、気を使わず色んな意見を提案できます。座席もチームメンバーの近くにあり、雑談や冗談を言い合えるくらい仲が良いです。役員自ら、「からかうなら下をからかわずに、上をからかえ」と言っているくらいなので、何を言っても明るく返してくれます(笑)。

Tデザインチーム全員でよく飲みに行ったり、遊びに行ったりと、仲が良く仕事がやりやすいです。

S部活動が充実しているのでデザインチームに限らず、他のプロジェクトの人と交流する機会があります。僕はゲーム部に所属しているのですが、最近はみんなでボードゲームをやったり、マルチ対戦のゲームをみんなでプレイして遊びました。

―チームの雰囲気を教えてください

S週一回、デザイナー同士の交流と勉強のために社内のデザイナーを集めてランチをしています。
情報設計、バナーや広告の訴求、アニメーション、インタラクションなど毎回テーマを変えてご飯を食べながらゆるく話しています。自分が制作したデザインに対してレビューが欲しい場合は持ってきたり、逆に「○○さんがつくっているデザインが見たい!」と指名して解説をしてもらいながらデザインを見ることもあります。気軽になんでも話せる場所にしたく、最近のおもしろいゲーム、おすすめのWEBサイトなど雑談も多いです。

T色々なプロジェクトの人とお話できますし、どういう思いでこのデザインを作ったかというプロセスを知れる機会はあまりないので、とても参考になります。

―育成環境を教えてください

Tジークレストはサイバーエージェントグループに所属しているのですが、同じゲーム事業を行う会社間で、勉強会などのスキルアップを図る講座や、開発の中での失敗例、成功例を共有し合っています。
外部の著名なクリエイターや、社員が講師となり、3Dやアニメーション、イラストなどクリエイター向けの横軸の勉強会が頻繁に開催されていて、任意で参加することができます。実際に私は、After Effectsの勉強会に参加しました。今までアニメーションに触れたことがなかったのですが、社員が講師となり一ヶ月間、週に一回教えてくれるかなり実践的な講義だったため、キャラクター演出制作に活かすことができました。
やる気があればなんでもチャレンジさせてくれ、スキルを伸ばせる環境です。

O私は3Dの講義に参加して、キャラクターのモデリングからアニメーションまでの一通りの工程を学びました。自分の担当サービスで使用していない技術でも学びたいという気持ちがあれば参加ができます。今まで知らなかった技術について学ぶことで他セクションの理解も深まってより制作に活かせると思います。

Sジークレスト社内でも頻繁に勉強会を行っています。執事や、海外のバレエダンサーなどを呼んでデッサン会をしたり、シナリオ、イラストやUIなど職種を超えてクリエイター同士の理解を深めるために共有会を開いたりしています。